女性との出会いを豊かなものにするために女性の脳というのを考えてみたいと思います。女性の脳は前交連が男性より太いという特徴があるようです。前交連が太いということは、感情の回路が太くできているということなんですよね。感情の回路が太いということは、感情に関する情報を大量に流すととができることにつながります。感情表現が豊かな女性が多いのはそのためなんですよね。言語能力に長けている女性の脳の特徴にプラスして、感情表現の豊かさが加わると、そこに生じるのはメリットだけではなく、デメリットもあるわけです。あらゆる言語能力や感情表現を駆使しても、理解できないことや納得できないことが出てくると、その問題に対しては処理能力を超えて爆発してしまうのですね。ほんの少しの情報しかない状態でも、それが左脳型の女性の理解を超えているものであれば思い込みを膨らませ、不安や怒りをあおり、悲しみや落ち込みを増幅するには十分なのでしょう。男性にとってはささいなことでも、女性にはとんでもない大事となり、だから女性はすぐに感情的になるんだよな、、と男性がボヤく結果になるのですね。左脳型の女性は理屈好きで、問題がこじれ納得できなくなると爆発するので注意が必要と言えるでしょう。
完全無料出会い系サイト 大手出会い系

二人にその気さえあれば、意見の相違は、表面的なもので、やがて解消する。このサークルの存在と、それを使う意志だけで、問題は解決に向かうのです。この単純な手法は、どんな結婚にも生き延びる機会を提供できる。二人そろってサークルの中にいなければ、支配型コントロールが幅をきかし、結婚を空中分解させてしまう。次に愛と所属の欲求の強さの違いにふれることにしよう。この欲求の強さは、私たちがどれほど受ける用意があるかではなく、とれほど与える用意があるかによって査定されることを理解しておこう。私たちは、たいてい与えられる以上の愛を求めるようである。この欲求の強さの相違は意味深長である。この欲求の違いは、生存の欲求(例えばお金)の違いよりも、深刻なものになりやすい。しかし、いかに求めようと、相手が与えることのできる以上のものを得ることはできないことを学ばなければならないのです。私たちは遺伝子に書かれている以上の愛を与えることはできない。しかし、それだけあれば、大多数の結婚には十分なのですよね。もし、妻が与えることができるすべての愛をこちらが受けているなら、こちらもできるだけ多くの愛を妻に与えようとするでしょう。そのとき、ほんの少しでも出し惜しみすれば、大きな困難を引き起こす可能性があるのです。問題をかかえている結婚では、愛の出し惜しみによって、相手を罰することがよく行われているのですから。出会った当初は愛の出し惜しみなんて絶対にしなかったですよね。与えられるすべての愛を相手がそのように望まなくても与えていたと思います。そのような出会った頃の感情をリアルに思い起こすことができれば、案外簡単にそれはできるようになるのかもしれませんね。

その中で、お互いが結婚を良くするためにできることを話す。このような枠組みの仲で、妥協点を見つけなければならない。どちらかが完全に譲歩することがたまにはあるが、現実的には、妥協点を見つけなければならない。一人がこう言うかもしれない。「この額までなら使っていいよ。その金額は僕が使ってよいと思う金額以上ではあるが、妥協点を見いだそうとする僕の側の努力だ」もう一人がこう言うかもしれない。「私の希望よりも節約をするわ。でも、これ以下では無理よ」両者の受容範囲が一致すれば、話し合いは成功といえる。こうなれば、結婚が個人の願望よりも優先されたことになる。このような最初の話し合いで、妥協点が見いだせなかったら、言う気持ちを持たなければならない。

Read the rest of this entry

結婚は傷つき、血が流れている。致命傷ではないが、一方、もしくは両方がサークルの外にいるかぎり、血は流れ続ける。このようにしてほとんどの結婚は終結を迎える。ゆっくりと血が流れ、死に至る。片方か両方がサークルの中に入ることを拒否する。もっと大きな傷は、しばしば致命的で、大きな不満足感を覚えて、夫婦ともにサークルの外に出てしまうと救いようがない。その結婚は出血多量で、まもなく死を迎えることを示している。自発的セレクション理論を知っている夫婦は、相手がしたくないと思っていることを無理にさせようとはしない。このような一人が解決のサークルに入ると、結婚に障害となるようなことをしないことで一致する。意見の不一致がどれほど深刻であっても、サークルの中に入ったままで、違いについて話し合わなければならない。一方が話し、他方がそれに意見することで話し合いが始まる。

Read the rest of this entry

結婚問題の解決のために自発的セレクション理論を使う良い方法は、自分たちの結婚が大きな輪の中に入っていると考えることだ。この輪のことを解決のサークルと呼ぶことにする。床の上に組像上の輪を描いてみると良い。それから、二人は、椅子を持って、この輸の中に入って座る。この解決のサークルの中には、妻、夫、そして結婚という3つの実体がある。一人は、欲求の強さの違いに基づく強力な主張を持っている。しかし、このような主張に基づく立場は、解決のサークルの中に入ることを拒否するほどには強くない。解決のサークルに入ったとき、二人は、個人として求めるものよりも、結婚のほうが優先するということに意識している。二人とも自発的セレクション理論を知っている。

Read the rest of this entry

例を挙げれば、一人は貯蓄型、もう一人は浪費型。この二つの型の結びつきは、望ましい結婚とはならない。ただし、違いを結婚初期に認め合い、問題が起こったときに交渉する計画を立てていれば危機は防ぐことができる。よく見られるケースは、お金はあるが、あり余るほどではない。保守的でないほうは使いたい。一方は、その必要はないと言う。それぞれが自分の意見に固執すれば、毎回口論することになり、やがてはケンカが個人攻撃にまで発展する。「あなたはもう私なんか愛していないのね」こう言って、問題の大小にかかわらず、あらゆる相違について相手を責める手段となる。ケンカをしていては、いつまでも解決しない。力の欲求の強さが同程度であれば、互いに譲らずに、両者が自分の思いを死守することになる。

Read the rest of this entry

ある結婚の例に関して。ある男性は、妻が亡くなった後に自分の組織の女性インストラクターと再婚した。彼女もまた選択理論を教えていた。結婚をする前に、人の欲求の強さを比べ、自分たちがとても相性の良いことに気がついたようなのです。また、最初から自発的セレクション理論を使うことに同意していた。今までのところ、とても幸せな関係を維持しているし、年を重ねるごとに一層良くなっていくように思える。通常の結婚生活では、お互いの欲求の強さがぶつかり合って、夫婦関係が危険にさらされる可能性がある。完全に相性の良い結婚の可能性は少ない。夫婦、あるいは少なくとも片方が、欲求の強さから学び、問題が感じられたらすぐに、選択理論を適用して何らかの対応をすることである。

Read the rest of this entry

相手が許す以上の自由が欲しければ、その違いについて話し合い、十分に愛してくれていないなどという誇張した責め方をしないですむ。愛の部分には問題がないのかもしれない。自由についての話し合いを愛に結びつけるのは愚かなことだ。欲求の強さに極端な違いがなければ、結婚に深刻な害を与えることはないかもしれない。大切なことは、こうした違いにどう対処するかということだ。いつでもコントロールや強制を使えば、違いが残り、相手を変えようとする努力が違いを拡大する。選択理論を使っていれば考えさえしないような、つまらないことで論争していることに気がつくようになるのです。ある夫婦は、欲求がぶつかり合う領域が一つあって、これが少々困難を与えていた。

Read the rest of this entry

社会的人間関係の基礎である結婚生活について考えてみたい。まず、性格的に問題のない配偶者を見つけること、また性格が一致しない配偶者とうまくやっていくことは、運まかせにすべきではないということかもしれません。うまくやっていきたい人のプロフィールを推測することは、完全に性格にはできないにしても、自分と他の人が人にどう対処するかについて、一とおりの理解を与えてくれる。あまりにも異なる性格の人と結婚するべきではなく、仲良くやることが困難な人との関係で、無理な努力をしないほうがいい。すでに既婚者で、性格的に問題があっても手遅れだろうかと懸念している人がいるかもしれないですね。答えは、どれほど性格的に問題があるかにかかっているということでしょう。ほとんどの場合、あなたの欲求の強さは配偶者とそれほど違わないので、話し合って解決することは不可能ではないでしょう。

Read the rest of this entry

私たちが誕生して人生の最後の時を迎えるまでにするのは行動することです。それゆえ自発的セレクション理論では、あらゆる苦情は形容詞や名詞から動詞に変えられるのですね。たいていの苦情の表現には形容詞か名詞が使われるが、この変化は重要なのです。なぜなら、苦情の対象を自分が積極的に選択しているだけでなく、より良い選択をすれば苦情を取り除くことができると教えるからなのです。カウンセリングは二つの選択肢を与えるのです。どちらでも、あるいは両方でも、選択をすれば、気分が良くなるであろう。もし選択することを拒否すれば、気分は良くならないし、今よりも良くなる可能性もある。結婚生活がうまくいっていない彼はこれらの選択肢を、少なくとも最初は、好まないでしょう。しかし、彼が気分を良くしたいのなら、それは可能だ。

Read the rest of this entry

豊かで、民主的な私たちの社会では、大多数の人が力の欲求を満たす機会があるんですよね。多くの人は分相応に自分の持った力に満足している。皆が皆、政治家やビジネスで成功した人々のように、たくさんの力を得ようとしているわけではない。しかし、少なくとも誰かに自分の話を聞いてもらいたいと思っている。誰も耳を傾けてくれなければ、力の欲求が満たされない苦痛を覚える。それは、外国で情報を得たいのに外国語が分からないときに感じる心境と同じものですね。より多くの人が、話をさえぎられることなく、互いの言葉に耳を傾けるのを楽しむことになる。一番になろうとすることは、個人的な関係で強制することは、力のある人にとっても、効果がないのですね。

Read the rest of this entry